初心者でもCoFeeのコーヒーを美味しく飲むためのTips集!

初心者でもCoFeeのコーヒーを美味しく飲むためのTips集!

スペシャルティコーヒーとは?

スペシャルティコーヒーとそうでないコーヒーの違いとはなんでしょうか?


スペシャルティコーヒーの定義の一つとして「消費者の手に持つカップの中のコーヒーの液体の風味が素晴らしい美味しさであり、消費者が美味しいと評価して満足するコーヒーであること」( 日本スペシャルティコーヒー協会HPより抜粋 ) とあります。

一見とてもシンプルで当たり前のことのようですが、美味しいコーヒーを安定して供給し続けることはとても難しく、生産国から抽出をする人の手に渡るまでにはたくさんの人々が携わっているのです。まず、生産国において栽培や生産処理、出荷に至るまで高い水準で品質管理が徹底されていることが重要です。そこから焙煎士、バリスタへと渡り、それぞれのコーヒー豆が持つ風味特性を生かした焙煎、抽出が行われ、一杯のコーヒーとしてお客様へと繋がっていくのです。

スペシャルティでないものはここまでの過程がはっきりとされていないものが多く、味わいとしての評価も高いと言えるものばかりではありません。今や美味しいコーヒーを楽しめるのが当たり前で、日常的になっているのは、スペシャルティコーヒーの普及が高まっているとともに、一杯のコーヒーに携わる全ての人々の弛まぬ努力があるからなのです。

コーヒ豆の保管方法と保管場所

コーヒー豆を保存するうえでまず大切なことは、

 

①できる限り空気に触れさせないこと

②水分に触れさせないこと

③高温多湿な場所に置かないこと

④窓の近くなど光(紫外線)に当たらないようにすること

の4点です。

 

 

これだけ聞くと管理が大変そうに感じますが、基本的には密閉容器に入れ、窓際やガス台、水回りは避けてキッチンの棚内などに置いておくだけで大丈夫です。容器はキャニスターがおすすめですが、ジッパーつき保存袋でも問題ありません。

コーヒー豆の保存期間

コーヒーは豆の状態と粉にした状態とで保存期間が大きく変わります。

 

豆の状態だと約1ヶ月程、粉にした場合は約1週間程と短くなります。生鮮食品ではないのでここを過ぎても飲めなくなるわけではないのですが、粉にした場合は特に砕いてしまう分風味や香りが飛びやすくなってしまうため、いずれも早めに飲んだ方がより美味しい状態を楽しんでいただけます。

 

もし上記の期間内に飲み切れない場合は冷凍庫で保存し、取り出す際は必要な分だけ出してすぐしまい(温度差で結露し水分が発生するため)、しっかりと解凍させてから使用してください。抽出方法によっても異なりますが、一般的なドリップコーヒーの場合、焙煎してから約4〜5日後がガス(焙煎時に発生するもの)が落ち着き、フレーバーやアロマがしっかりと感じられる状態になります。

1〜2週間程度で飲み切れる量を購入いただくのがおすすめです。

COMING SOON...